2018/07/30

【FREE DL】Brand Nu Way mixed by Setsuya Kurotaki



昨日7/29付けで
無事にまたひとつ歳を重ねることができました。

お祝いメッセージや叱咤激励(!!)を頂き
気持ちを新たに
自身の思う道をひたむきに進んで行けそうです。

そんなわけでお礼も兼ねて
夏のプレイリストに仲間入りできそうなshort mixを公開してみました。
(フリーダウンロードは7日間限定です)

平成最期の夏
素敵な想い出を残せますように!

FREE DL / 180730-180806 (7days)
https://we.tl/vtivlMKtmS

[artist / title]
Detroit Swindle / Yes No Maybe (feat. Tom Misch)
Dan Bravo / Come And See Me (ft. Svnah)
J-Louis / Bringing Out The Best In Me
Promises Ltd. / Days of Lavender (Gigamesh Remix)
Vijandeux / Brand Nu Way
Sam Gellaitry / To Earth and Back

2018/07/06

【FREE DL】Ramble About mixed by Setsuya Kurotaki



制作引き篭もり時の運動不足&煮詰まり解消用として
サクッとウォーキングmixを作り
1日最低でも1万歩以上歩くようにしているのですが、
非常に良い感じで体重も落ち
代謝も上がっているのでおすそ分け。

ビートに合わせて歩くと
ユルーくテンポアップして負荷が上がっていきます。
23分のショート徘徊エクササイズ用にどうぞ✌︎☺︎。

(FREE DLは7日間の限定公開です)
Ramble About / mixed by Setsuya Kurotaki
https://we.tl/Ig7IU9WITx

www.soundcloud.com/setsuyakurotaki

echo @ 日本科学未来館




服が信号を発信し、物との距離を振動で表現する「エコーウェア」を身につけ
目を使わずに空間を認識する新しい感覚を体験します。

開催日時: 2018年7月5日(木)18:00~21:00
2018年7月6日(金) 16:00~21:00
2018年7月7日(土)、8日(日) 12:00~21:00
開催場所: 日本科学未来館 7階 イノベーションホール

主催: echo project実行委員会

https://research.rhizomatiks.com/s/works/echo/


[CREDIT]
クリエイティブディレクター:真鍋大度 (Rhizomatiks Research)
テクニカル・ディレクション:石橋素 (Rhizomatiks Research)
ウェアデザイナー:森永邦彦(ANREALAGE)
プロジェクト・アテンド:檜山晃(Dialog in the Dark)
プロジェクトディレクター:志村典昭(ANREALAGE)
エコーデバイス:田井秀昭(Rhizomatiks Research)
空間設計:元木龍也(Rhizomatiks Architecture)
サウンドデザイン:黒瀧節也 (Rhizomatiks Research)
プロダクトデザイン:望月俊孝 (Rhizomatiks Research), 石川紗季 (Rhizomatiks Research)
Webデザイン:木村浩康 (Rhizomatiks Design), 藤井かおり (Rhizomatiks Design)
Webプログラミング:田中陽 (Rhizomatiks Research) ムービーディレクション:鯨井智行 (juke)
プロジェクトマネージャー:細井美裕
プランナー:鈴木健太
プロダクション : 小松恵美 (ANREALAGE)
キービジュアル:武藤将也(NO DESIGN)

インタープリター:和田夏実

協力:株式会社Xenoma / 三井化学株式会社 / 明和グラビア株式会社 / 横浜ランデヴープロジェクト実行委員会 / 特定非営利活動法人スローレーベル

2018/06/10

Nicolie Binara・"Smile and Good Bye" EP がリリースされました



私、Setsuya Kurotaki の変名プロジェクト
Nicolie Binara (ニコリー バイナーラ)
の1st EP
"Smile and Good Bye" がリリースされました。

Nicolie Binara (ニコリー バイナーラ)は
悲しくもお蔵入りとなった
「選ばれなかった作品たち」を
アンビエント作品として再構築・昇華していく弔い人。

音のお香のような
さりげなく空間を満たす作品に仕上がっております。

apple music / Spotify / Amazon Music / AWA / OTOTOY など
お気に入りの配信サービスでチェックしてみてください。


2018/05/18

Kevin Cummins × Bjork starring ELEVENPLAY




2017年夏に発売し、即完売した「Kevin Cummins ×bjork」コラボレーションTシャツの第二弾がJOURNAL STANDARD 別注で登場しました。

1993年にソロアルバム『Debut / デビュー』を発表し、その後、世界的アーティストとなったbjork(ビョーク)。
今回ピックアップした写真は、ソロデビューして間もない頃、UK で大ブレイクした90年台初頭のbjorkを撮影した貴重な写真です。
過去にはNME 専属カメラマンとして従事し、後に音楽カメラマンとして
世界的に著名なフォトグラファーとして世界を駆け巡ったKevin Cummins(ケヴィン・カミンズ)が撮影。

そして今回のコラボレーションTシャツのプロモーションムービーとして、
演出振付家MIKIKOが主催するダンスカンパニー”ELEVENPLAY”によるパフォーマンスムービーも作成。
Kevin Cumminsが撮り下ろしたbjorkの世界観をELEVENPLAYのフィルターを通しダンスで表現されている。


- Kevin Cummins(ケヴィン・カミンズ) -
1953年、マンチェスター生まれ。当時急成長をとげたマンチェスターのパンク・シーンに深くかかわりを持った伝説のフォトグラファー。
Joy DivisionやNew Orderといった伝説のロック・アーティスト、そのままの姿をリアルに撮り続け、
その頃からドキュメンタリー・フォトグラファーとしての評価を得る。
その後、UKのロック・ウィークリー紙『NME』にて10年もの間チーフ・フォトグラファーを務め
またPaulWellerのオフィシャル・フォトグラファーとしても活動するなど、彼の写真は、CDのジャケットでも多くみられる。

- ELEVENPLAY -
演出振付家MIKIKOが主宰するダンスカンパニー。女性ダンサーのみで編成されており
舞台、映像、スチールなど、表現の場を様々に持つ。
Rhizomatiks Researchとのコラボレーションを多く行っており、フランス/スペイン/メキシコ/ カザフスタン/ドイツ/台湾/韓国等に招聘される他
2018年1月にUSツアー、4月に北米ツアーを成功させるなど、活躍の場を海外にも広げ、精力的に活動している。
また、出演した椎名林檎・星野源・サカナクション等のMV も話題となり、日本のポップミュージックシーンでも注目を集めている。
http://elevenplay.net/


- MIKIKO -
演出振付家。ダンスカンパニー「ELEVENPLAY」主宰。Perfume,BABYMETALの振付・ライブ演出をはじめ
様々なMV・CM・舞台などの振付を行う。メディアアートのシーンでも国内外で評価が高く
新しいテクノロジーをエンターテインメントに昇華させる技術を持つ演出家として
ジャンルを超えた様々なクリエーターとのコラボレーションを行っている。
http://www.mikiko0811.net/



【Perfermance】
ELEVENPLAY

【Hair & Make】
AOI NAGASAWA

【Music】
SETSUYA KUROTAKI

【Camera & Colorist】
TERUKAZU SUGINO(up_tyo)
SHINYA IWANAGA(up_tyo)

2018/04/14

MUSIC VIDEO: Vampillia -Winter Ash from " Happiness brought by endless sorrow "



EP : Vampillia - " Happiness brought by endless sorrow "
Digital release date will be 18th April in Swedish label Temple Of Torturous bandcamp.
bandcamp for pre-order: https://templeoftorturous.bandcamp.co...
7 inch LP : Temple Of Torturous will release in 2018.
CD : Vampillia start selling in each venue from Europe tour 2018 and Virgin Babylon Records website will release.

Director: Shingo Murai
Camera: Chiharu Maruyama
Keiichiro Nishihata
Camera Assistant: Tomoya Shimizu
Lighting: Yuta Kato


Vampillia is a project that constantly pursues beauty in whatever form.
What they are experimenting on a regular basis in the process of creating beauty, it is a regeneration and tribute to the great band discodance axis. They were always beautiful and it is without fading.
This EP "Happiness Brought By Endless Sorrow" extract the universal beauty in Vampillia way, and this theme is eternal that Vampillia keeps challenging as long as they exists.
And if sequels of "AKIRA" or "Nausicaa of the Valley of the Wind" are made in 2018, these songs will undoubtedly shine as the boot leg of these cinema's soundtrack.
On the other hand, Vampillia is making a full album over a whole a songs with vocals in a sense opposite to this NEW EP for a while, with Birgir Jón Birgisson in Sundlaugin studio in Iceland and is under construction from 2013 , Aiming for release during this year.


Song list
1.winter ash
2.back to.....
3.ggggzzgggzzz
4.hell pm

And 7inch will be released in this year.


Vampillia and VMO Violent Magic Orchestra Europe Tour 2018 date:

13-4 - SOTU Festival - OCCII - Amsterdam - The Netherlands
14-4 – MTC – Cologne – Germany
15-4 – Feierwerk – Munich – Germany
16-4 – Divadlo Pod Lampou – Pilsen – Czech Republic
17-4 - Das Bach - Vienna - Austria
18-4 – Urban Spree – Berlin – Germany
19-4 – Paard – Den Haag – The Netherlands
20-4 – L’Olympic Café – Paris – France
21-4 – The Midlands – Lille – France
22-4 – Roadburn fest 2018- Tilburg – The Netherlands


Official Site
http://vampillia.com



--------------------------------------------------------------------------------------------------------


Vampilliaは常にどのような形であれ美を追求するプロジェクトだ。
美を創造する過程において定期的に実験していること、それは偉大なるバンド discodance axis へのオマージュであり再生だ。彼らは常に美しかったし、これからも褪せる事なく美しい。
その普遍的とも言える美しさをVampillia的に切り込み、切り取った作品がこのEPであり、このテーマはVampilliaが存在する限り挑み続ける永遠のものである。
そして、これらの楽曲は2018年にAKIRAの続編やナウシカの続編が作られるとするなら、間違いなくそのサントラのブートレッグとして燦然と輝くであろう。
本作のデジタルリリースは、VampilliaとVMOが出演する、Roadburn festival 2018が開催される4月18日に、スウェーデンのレーベル、Temple Of Torturousのbandcampで発売開始。
また、2018年中に7inchアナログ盤が同レーベルより、リリース予定。
CDは、本ツアーより会場にて販売開始され、Virgin Babylon Recordsの通販でも取り扱い予定。

一方でVampilliaは、歌入りで全曲6分越えとなるフルアルバムを、アイスランドのSundlaugin studioにてBirgir Jón Birgissonと共に2013年から制作中であり、ある意味でこのNEW EPとは真逆のこの作品の、今年中のリリースを目指している。

2018/04/12

Vampillia DEMO song




Vampillia DEMO song from NEW ALBUM will be released in the near future maybe.


Director: Shingo Murai
Camera: Chiharu Maruyama
Keiichiro Nishihata

Camera Assistant: Tomoya Shimizu

Lighting: Yuta Kato

2018/03/22

Perfume x Technology presents Reframe



本編楽曲
03 / record
09 / Interlude
及び効果音
webssiteのサウンドデザインを担当いたしました。

https://www.nhk.or.jp/tokyo2020/change/tech/perfume/

2018/03/15

3D motion of scanned shibuya underground



3,393,867,155 | Credit
Visual program : Satoshi Horii (Rhizomatiks Research)
Music : HIROSHI WATANABE
Sound Design : Setsuya Kurotaki (Rhizomatiks Research)
Producer : Keisuke Arikuni (Rhizomatiks Design / Rhizomatiks Architecture)

渋谷地下3Dデータ ©3D City Experience Lab.
【表示4.0 国際】ライセンス https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/)を改変して作成


https://3dcel.com/study/case04/