2017/07/01

Celestial Frequencies / COSMOS 2017




By Daito Manabe & Setsuya Kurotaki & Rhizomatiks Research

7 – 9 July 2017
Bluedot Festival / 11pm – 3am
Jodrell Bank Observatory, Macclesfield, Cheshire (UK)

Celestial Frequencies is a ground-breaking new data driven audio-visual work
created for Jodrell Bank’s iconic Lovell Telescope.
Developed by award winning
Tokyo-based Media Artist, DJ and Programmer, Daito Manabe and Setsuya Kurotaki (Rhizomatiks Research),
it is the first work to be developed as part of COSMOS and will premiere at Bluedot festival.

The epic structure of the Lovell Telescope – now in its 60th year of operation –
presents a unique and unparalleled canvas for the artists to create this new work.
During the festival the dish will be in the zenith position,
pointing directly upwards into space, receiving radio signals as the Earth turns and the sky drifts past overhead.

A mixture of deep space data collected on-site in real-time, and previously gathered from telescopes further afield –
including Planck spacecraft observations of the microwave radio sky –
will be transformed into Celestial Frequencies, a unique generative audio-visual artwork projected onto the telescope.

Through this visual representation and soundscape,
the work offers a rare opportunity to explore the knowledge gathered about deep space at Jodrell Bank Observatory.
The artists have collaborated with scientists and astrophysics researchers to understand and access

Between 11pm until 2am on Friday and Saturday, and until 1am on Sunday,
festival goers will be able to experience Celestial Frequencies from a prime viewing position,
immersing themselves in the soundscape – a sonic interpretation of astrophysical data.
During these times they will also be able to control the telescope’s observation frequencies,
altering the data which is being observed, and witness live how these manipulations produce a dramatic change in the data visualisation on the dish.

Track our journey #COSMOS17

Celestial Frequencies has been created following COSMOS 2017,
the international artists commission and residency for Lovell Telescope, Jodrell Bank Observatory.

CREDIT

Direction, Sound + Visual Programming: Daito Manabe(Rhizomatiks Research)
Sound Design: Setsuya Kurotaki(Rhizomatiks Research)
Visual Programming: Satoshi Horii(Rhizomatiks Research), You Tanaka(Rhizomatiks Research)
Interaction Unit Design: Takahito Hosono(Rhizomatiks Architecture)
Visual Animation Management: Takao Inoue (Rhizomatiks Research)
Production Management: Nozomi Yamaguchi (Rhizomatiks Research), Ayumi Ota (Rhizomatiks Research), Rina Watanabe (Rhizomatiks Research)
Special Thanks: quino grafix Co. Ltd.
Production: Rhizomatiks Co. Ltd.

http://www.andfestival.org.uk/events/celestial-frequencies-cosmos-2017/

EW. Pharmacy



ドライフラワー専門店の
サウンドブランディング・選曲を担当しています。

ぜひ、足を運んでみてください。

■EW.Pharmacy
オープン日:2017年6月24日(土)
住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-14-11
電話番号:03-6407-0701
営業時間:12:00〜20:00
不定休

fashionsnap.com NEWS
https://www.fashionsnap.com/news/2017-06-24/ew-pharmacy/

2017/01/06

BEAMS × スペシャの共同番組『PLAN B』に出演します。



スペースシャワーTVの番組『PLAN B』の1月のピックアップ・アーティストは
AKI KONDOとRhizomatiksによるユニット・HUEに決定。

スペースシャワーTVにて昨年7月からスタートした、BEAMSによる提供の同番組は
音楽を生業とするアーティストと
様々なクリエイターの自由な”創造力”が交差する予測不能の音楽と映像の実験的プログラム。
過去にはSuchmosやD.A.N.などの新気鋭なアーティストたちが取り上げられてきた。

そんな『PLAN B』が第6弾アーティストとして迎えるのは
現代美術家であるAKI KONDOと
世界に誇る”フルスタック”集団Rhizomatiks所属の
SETSUYA KUROTAKI、YOU TANAKAの3名によるユニット・HUE。

AKI KONDOの描く色彩や動き、さらにはサウンドなどの要素をリアルタイムでビジュアライズする。
”ライブペインティング”という
限りなくフィジカルな表現をリアルタイムに拡張させることで
どんな化学反応を引き起こそうとしているのだろうか。
通常混ざり合うことのない表現が結びつく先にあるものとは……?

『PLAN B』 #21~#24
#21 初回放送:1/6(金)21:27~21:30
リピート:1/9(月)23:57~24:00、1/12(木)24:57~25:00
#22 初回放送:1/13(金)20:57~21:00
リピート:1/16(月)23:57~24:00、1/18(水)23:57~24:00
#23 初回放送:1/20(金)20:57~21:00
リピート:1/23(月)23:57~24:00、1/26(木)24:57~25:00
#24 初回放送:1/27(金)20:57~21:00
リピート:1/30(月)23:57~24:00、1/31(火)23:57~24:00

■Webサイト 『PLAN B』
http://sstv.jp/plan_b
http://www.beams.co.jp/special/plan_b/

冨樫義博さんに、戸川純 with Vampilliaのイメージ画を描いて頂きました。





戸川純 歌手活動35周年記念作品「わたしが鳴こうホトトギス」。
戸川純 with Vampillia 名義にてVirgin Babylon Recordsより2016年12月14日発売を記念して
冨樫義博さんに、戸川純 with Vampilliaのイメージ画を描いて頂きました。

この作品は、戸川純 歌手活動35年目の記念すべき年に
戸川がVampilliaに自身の楽曲のアレンジと演奏をオファー
その素晴らしい過去の名曲群から9曲を厳選し
それに戸川が今の唄声を乗せたもの。

更に、戸川純名義では12年振りの新曲となる「わたしが鳴こうホトトギス」も収録。
真にオルタナティブな歌姫・戸川純が、過去と現在を昇華し歌い上げた10篇の楽曲は、
魂の奥底を震わせる美しさ、艶やかさ、そして重みをもって
戸川純の生き様を見せつけるものに仕上がった。
全ての純ちゃんファンに「いま」の戸川純を贈ります。

発売記念ライブも開催します
是非、お越しください!!



戸川純35周年記念LIVE「わたしが鳴こうホトトギス」東京編!
1/13 恵比寿リキッドルーム
チケットはぴあ、ローソン、e+、 で発売中!
出演:戸川純 with Vampillia/ Vampillia / 他
*公演詳細*
http://www.liquidroom.net/schedule/20170113/31698/




『戸川純35周年記念LIVE「わたしが鳴こうホトトギス」』大阪篇!
2017年 1 月 20 日(金)@梅田クラフ・クアトロ
開場18:00 開演19:00
ADV ¥4,000 / DOOR ¥4,500 + 1drink
席種:スタンディング
出演:戸川純 with Vampillia / Vampillia / 他

TICKET チケットぴあ ローソンチケット e+
お問い合わせ先 梅田クラブクアトロ / 06-6311-8111

*公演詳細*
http://www.club-quattro.com/umeda/schedule/detail.php?id=6610

2016/12/29

2016年もありがとうございました。



2016年も
あっと言う間に暮れていきますね。

思い返すと今年は人生で1番
"情緒的" な1年だっように思います。

クリエイティブを通じて寄り添える人々と
共に過ごし、必要とされる事で
ある種の「存在意義」を感じる事ができたのだろう
だからこそきっと
大切なことを見失わずにいれたのだろう、と
そう感じる出来事が数多くありました。

来年は
今迄通り「ユーモア」を忘れず、期待に応えられる
(なんならちょっと魅力的な)人であるといいな、
なんて思っています。

皆様、本年も有難うございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。
そして
あなたにも素敵な日々が訪れますよう
また、その一端を少しでも担えますように。
感謝とともに。

黒瀧節也